虫歯

知っておきたい虫歯と治療のこと

虫歯の4つの原因

具体的な虫歯の症状や治療方法をご説明する前に、まずは虫歯の原因から見ていきましょう。虫歯は以下の4つの原因が重なって発症・進行していきます。


虫歯菌

虫歯菌が出す酸により、歯が溶けていきます。なお、虫歯菌の多さには個人差があります。

糖分

虫歯菌のエサとなる糖分。糖分が多いと、虫歯菌がつくる酸の量も多くなります。

歯質

虫歯に対する抵抗力にも個人差があり、歯質が弱い方は虫歯になりやすい傾向にあります。

歯みがきまでの時間

虫歯菌のはたらきが活発になるのは食事から30分後。できるだけ、食後すぐに歯をみがく習慣をつけましょう。

虫歯の進行段階と治療法

一口に虫歯と言っても、その症状や治療法は進行段階により異なります。具体的な症状と治療法は以下の通りです。


ごく初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。

治療法

適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

エナメル質の虫歯

エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。

治療法

虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

象牙質の虫歯

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。

治療法

虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

神経まで達した虫歯

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。

治療法

3mix法、あるいは根管治療を行います。その後はクラウン(被せ物)を使います。

3mix法はこちら 根管治療はこちら

歯根まで達した虫歯

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。

治療法

多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

なるべく神経を残すために!3mix法を採用

虫歯が神経にまで達した場合、従来は神経を除去しなければなりませんでした。しかし、神経を抜いた歯はもろくなり、破折のリスクも高まってしまいます。そこで当院では、従来は神経を除去しなければならなかった虫歯でも神経を保存できる3mix法という治療を採用しました。

これは患部にのみ作用する3種類の薬剤により虫歯菌を無菌化し、歯の再石灰化を促進することで治癒を促す治療です。すべての虫歯に適応できるわけではありませんが、この治療を採用することで神経を残せる可能性がぐんと広がりました。

神経を除去して虫歯の進行を食い止める 「根管治療」

根管治療は重度の虫歯に行うもので、神経を除去して虫歯の進行を食い止める治療です。神経を除去することで、神経の炎症による痛みもなくなりますが、神経を抜いてしまった歯はもろくなり、破折のリスクも高まってしまいます。

当院では各種予防処置で虫歯を予防したり進行を食い止めたり、3mix法の採用などを通して、できるだけ神経を抜かないですむように努めています。

先生から一言!

歯の健康を考えると、神経の処置はしないことが一番。虫歯の予防と、もし虫歯がある場合は早期発見・早期治療が大切です。もし痛みがある場合は、できるだけ早めにご相談くださいね。

  • お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽に!
  • 診療時間 9:30-19:00  /  休診日 水曜・日曜・祝日 ※受付は30分前まで

当院は虫歯、歯周病、セラミック、審美歯科、小児矯正(歯並び相談)、インプラント、入れ歯、ホワイトニングなど幅広い診療メニューを準備しております。また、「歯医者は怖いもの」というイメージを払拭するために取り組みを複数行っている歯医者です。例えば、痛みの配慮した診療体制や歯科治療や診療フローをお伝えするカウンセリングや精密な歯科検査、最新の歯科器材なども導入おります。
当歯医者は、いつでも安心して通っていただける歯医者として、
これからも横浜市港北区・菊名で皆様のお口の中の健康を守り続けて参ります。
これからも、いとう歯科クリニックを宜しくお願い致します。