妊婦の方

妊産婦さんとお口の病気

女性は妊娠すると、女性ホルモンの分泌が増えるなどの理由から体調に変化が現れます。この変化はお口にも現れ、妊娠中は虫歯や歯周病になりやすくなります。

女性ホルモンの増加が歯周病を促す

女性は妊娠すると女性ホルモンの分泌が増えます。女性ホルモンは歯周病菌の増殖を促すため、妊娠中は歯周病になりやすくなるのです。

唾液の能力が下がり虫歯リスクが高まる

お口のなかが酸性になると虫歯リスクが高まります。唾液には酸性に傾いたお口のなかを中性に戻す働きがあるのですが、妊娠中はその能力が下がってしまうため、虫歯になりやすいのです。

つわりの影響でお口の衛生状態が悪くなる

つわりのため食事回数が増えたり歯みがきがしづらくなったりすると、お口の衛生状態が悪くなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

歯周病が早産のリスクを高める

歯周病に罹患した妊産婦は健康な妊産婦と比べ、約7倍も早産のリスクが高いとされています。もし歯周病があるとしたら妊娠が分かる前に治療しておくのが理想的ですが、妊娠後に歯周病が発覚した場合でも遅くありません。

あくまでもリスクが高いというだけで、必ず早産になるわけではありません。体調を見つつ、治療計画を立てていきましょう。


妊婦歯科検診にお越しください

当院ではトラブルが起こりがちな妊産婦さんのお口の健康をお守りするため、妊婦歯科健診を行っています。妊娠が分かりましたら、できるだけ早めの受診をおすすめします。健診を受けられるほど体調が良くないという方は、体調と相談のうえお越しいただければと思います。

先生から一言!

妊娠中はお口のトラブルが起きやすい時期。虫歯や歯周病で苦しまないためにも、妊娠が分かりましたら妊婦歯科健診にお越しくださいね。

いびきは歯科医院で治療できます

いびきでお悩みの方も、どうぞ当院までご相談ください。いびきは歯科医院で治療できるんです。

日本人で習慣的にいびきをかく人は2000万人以上いるとされていますが、そのうちの約1割の200万人の方が睡眠時無呼吸症候群(睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる病気)だといわれています。睡眠時無呼吸症候群にも程度がありますが、集中力の低下や抑うつをまねいたり、居眠り運転による事故の原因となってしまうことも。

また、いびきをかいているということは眠りが浅い証拠であり、これも集中力の低下や居眠り運転を引き起こすおそれがあります。いびきを治したいという方、睡眠時無呼吸症候群かもと心配に思っている方は、まずはご相談ください。

いびきや睡眠時無呼吸症候群を治す スリープスプリント

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療に用いられるスリープスプリント。マウスピース状の治療器具で、寝るときに口に装着するだけで舌の落ち込みを防ぎ、気道を確保します。呼吸が楽になるのでいびきや睡眠時無呼吸症候群の改善に効果的です。


条件により保険適用に

内科や耳鼻咽喉科で睡眠時無呼吸症候群と診断されれば保険適用となりますが、病的ではないいびきの場合、保険適用外となります。
ご自身で睡眠時無呼吸症候群だと疑われている方は、まずは内科や耳鼻咽喉科で診断を受けられることをおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群と診断された場合は、保険適用でスリープスプリントを使った治療をお受けいただけます。

先生から一言!

スリープスプリントを使用している患者さんは結構多いんです。お悩みの方はお気軽にご相談くださいね。内科や耳鼻科で睡眠時無呼吸症候群と診断された場合は、保険適用で治療をお受けいただけますよ。

  • お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽に!
  • 診療時間 9:30-19:00  /  休診日 水曜・日曜・祝日 ※受付は30分前まで

当院は虫歯、歯周病、セラミック、審美歯科、小児矯正(歯並び相談)、インプラント、入れ歯、ホワイトニングなど幅広い診療メニューを準備しております。また、「歯医者は怖いもの」というイメージを払拭するために取り組みを複数行っている歯医者です。例えば、痛みの配慮した診療体制や歯科治療や診療フローをお伝えするカウンセリングや精密な歯科検査、最新の歯科器材なども導入おります。
当歯医者は、いつでも安心して通っていただける歯医者として、
これからも横浜市港北区・菊名で皆様のお口の中の健康を守り続けて参ります。
これからも、いとう歯科クリニックを宜しくお願い致します。