院長紹介・スタッフ紹介

院長伊藤博哉

患者さんの現在の口腔内の状態、健康状態、ライフスタイルなどを踏まえたうえで、必要と考えられる治療についてていねいにご説明し、患者さん一人ひとりのご要望に合った最良の治療をご提供していきます。

円滑なコミュニケーションをとって患者さんと信頼関係を築き、安心して通える歯科医院として皆さんのお口の健康をサポートさせていただきます。

プロフィール

略歴 平成6年 鶴見大学歯学部卒業
平成6年 東京医科歯科大学第一口腔外科 入局
平成9年 横浜市みどり小児歯科 勤務
平成12年 東京都渋谷区 恵比寿南橋デンタルクリニック 勤務
平成15年 東京都新宿区 新宿野村ビル歯科クリニック 勤務
所属団体 日本顎関節学会会員
日本インプラント学会会員

コンセプト

出来るだけ抜かない治療

虫歯は確かに治療することでその進行を食い止め、痛みをなくすことができます。しかし、虫歯が神経にまで到達してしまった場合は、神経を抜かなければならないのです。歯に栄養を送る役割を持つ神経を抜いてしまうと、歯はまるで枯れ木のような状態になってしまい、破折のリスクが高くなってしまいます。最悪の場合は、抜歯となってしまうことも。

歯科医療は目覚ましい進歩をとげていますが、どんな精度の高い人工歯も天然歯に勝るものはありません。生涯にわたってご自身の歯を使い続けていただくためにも、当院ではできるだけ抜かない治療を心がけています。抜歯とならないように、まずは 神経を抜かないように虫歯を食い止めることが大切です。

歯を長持ちさせるための定期検診

虫歯は確かに治療することでその進行を食い止め、痛みをなくすことができます。しかし、虫歯が神経にまで到達してしまった場合は、神経を抜かなければならないのです。歯に栄養を送る役割を持つ神経を抜いてしまうと、歯はまるで枯れ木のような状態になってしまい、破折のリスクが高くなってしまいます。最悪の場合は、抜歯となってしまうことも。

歯科医療は目覚ましい進歩をとげていますが、どんな精度の高い人工歯も天然歯に勝るものはありません。生涯にわたってご自身の歯を使い続けていただくためにも、当院ではできるだけ抜かない治療を心がけています。抜歯とならないように、まずは 神経を抜かないように虫歯を食い止めることが大切です。

治療技術の向上

患者さんにつねに最良の治療を提供できるよう、学会やスタディグループなどにも積極的に参加し、治療技術の向上に努めています。

  • お問い合わせ
  • ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽に!
  • 診療時間 9:30-19:00  /  休診日 水曜・日曜・祝日 ※受付は30分前まで

当院は虫歯、歯周病、セラミック、審美歯科、小児矯正(歯並び相談)、インプラント、入れ歯、ホワイトニングなど幅広い診療メニューを準備しております。また、「歯医者は怖いもの」というイメージを払拭するために取り組みを複数行っている歯医者です。例えば、痛みの配慮した診療体制や歯科治療や診療フローをお伝えするカウンセリングや精密な歯科検査、最新の歯科器材なども導入おります。
当歯医者は、いつでも安心して通っていただける歯医者として、
これからも横浜市港北区・菊名で皆様のお口の中の健康を守り続けて参ります。
これからも、いとう歯科クリニックを宜しくお願い致します。